下手な考え

  • 2019.01.10 Thursday
  • 09:19
お正月に、ふと思ったこと。
最初の犬シロサンは14歳7ヶ月で
次のマミは13歳10ヶ月でお星さまになった。
クリちゃんは12歳と5ヶ月過ぎたなぁ。
フレンチブルドッグの平均寿命は10〜11歳?
そろそろその時が近づいてきているかも・・・。
なんぞと考えたのが悪かったのかもしれない。
と、ここ数日、思ったことでした。
下手の考え休むに似たり。
言えてる!

フレンチブルドッグひろば

一段落か

  • 2019.01.09 Wednesday
  • 12:54
4日の朝から、いやはや心配しましたが
今日から普通の生活に戻りました。
痛そうでもないし、歩き方も今までと同じ。
そもそも、椎間板ヘルニアだったかどうか、
今となってはわからぬままです。
が、結果オーライということで、
勝手に一段落したと思うことにしました。

老犬ですので、これからは新たな心配の
タネも出てくるでしょう。
その時その時、細かい変化を見逃さず
できる範囲で対処し、
一緒に暮らしていきたいと思っております。

寒い間は散歩はやめて、ジャンプしたり
走ったりしないよう、再発に気をつけねばです。


ご心配くださり、
コメントやメールくださったみなさまに
御礼申し上げます。


フレンチブルドッグひろば

椎間板ヘルニア闘病5日目

  • 2019.01.08 Tuesday
  • 15:00
だいぶ良くなったのではないかと
勝手に思った飼い主、
昨夜は初めからお布団で一緒に寝ました。
夜中にオシッコにも水飲みにも起きることなく
いい子で寝ていたクリちゃんが
目を覚ましたのは5時。
庭にだすといきなり嘔吐。

痛み止めの副作用で嘔吐、下痢がある
かもしれませんと言われていたので
想定内かな。

朝ごはんも完食し、ウンチはしないけれど
後ろ足は以前と同じ状態に治った感じがして、
今日は痛み止めは飲まさないでおこうか?と
ふと、その薬リマダイルを検索して
ドキッ。

アメリカでは、この薬で死ぬ犬が多く
発売中止になったとか?

副作用は、胃腸はもとより、
気が滅入る、口や歯の震えなどと書いて
あるではありませんか。

昨日あたりから、なんとなくですが、
食欲はあるけど、
いつもの生きている喜び的な表情が
ないように思っていたのです。

ケージに入れられ、散歩にも行けないので
つまらんのか?と思っていたのですが
もしかしたら、副作用?

痛み止め飲ますのやめました。


でも、後ろ足が弱ってきているのは
事実なので、ネットで見た
私はこうして愛犬のヘルニアを治しました!を
参考にして、鶏の手羽先をトロトロに
煮込み、ミキサーにかけてドロドロにした
のを食べさせてみようと
今、煮込んでおります。

タンパク質とカルシウムの摂取が
ヘルニアには良いとか。

一緒に野菜も入れたらもっといいかな。

グータラなのに、
クリちゃんのためならエンヤコラしております。


フレンチブルドッグひろば

椎間板ヘルニア闘病4日目

  • 2019.01.07 Monday
  • 09:54
昨日は良くなってきている感強し!と
一喜したのですが、
夕飯(完食)の後、庭でオシッコした後
ブルブル震えており、
歯や唇もブルブルっと震える。
寒いのか、痛いのか、苦しいのか。
一喜転じて一気に一憂。

それでも元気はあり、
ケージに敷いている毛布をグジャグジャにする。

寝る前にきれいに直して、
オシッコして、おやすみなさい。
ハァハァもなく、今夜はおとなしくねてくれるかと
思ったけど、夜中の2時頃に
ガサガサし始めて、オシッコさせる。

またケージに入れようかと思ったけれど
夜中は静かに眠るのに、
可哀想になって、一緒にお布団に入る。
後ろ足の感覚はどうかと
コチョコチョしてみると、
どうも左足の感覚が鈍いみたい。
またまた一憂であります。


朝が来て、
食事もしっかり食べ、オシッコウンチもして
4日目もケージの中のクリちゃんになっています(ここまで10時)

午後1時半に痛み止めを飲ませて
オシッコのため庭にだすと、
なんということでしょう!
走りました。
後ろ足の屈伸運動も念入りにしたクリちゃん。
一喜一喜の飼い主でした。


フレンチブルドッグひろば

椎間板ヘルニア闘病3日目

  • 2019.01.06 Sunday
  • 09:27
昨夜は、痛み止めが効いているのか
さあ寝ようねで電気を消すと
少しの間はハァハァしていましたが
そのうち静かになり、
おばちゃんもいつも間にか眠っていました。
夜中に一度だけお水を飲ませ、
次はクリちゃんがカリカリ、ケージを引っ掻く音で目が覚めました。
7時でした。

慌てて、オシッコをさせて、
いけないかもしれないけど、
一緒にお布団でおねんね。
クリちゃんの安心して気持ちよさそうな顔。
早くまたこうなりたいものです。


再びケージイン。
9時に朝ごはん。完食。
オシッコとウンチをして、
またケージイン。可哀想でたまりませんが、
普通に歩くし、良くなってきた感強し。
希望の光が差してきたような。(ここまで9:35)


それで少し元気が出て、駅の向こうの神社へ
お参りに行ってきました。

もしも良くならないようなら、
お百度石参りをせねば!





そう思いながら家に帰り、
痛み止めを飲ませて庭でオシッコ。
するとどうでしょう。
普通に歩くし、オシッコの後は
高々と後ろ足を上げてケッケケッケするではありませんか!

なにさま、単純がそのままオバハンになったような
人間ゆえ、もう嬉しくてたまりません。
しかし、ここで気を許さず、
安静にさせましょう。


先程、インスタを見て、
大ショック!
我々フレンチブルドッグを飼っているものにとって
希望の星だった珊瑚ちゃんが17歳と6ヶ月と2日でお星さまになられたそうです。
1月4日早朝だったそうです。
うちの子とお顔も良く似ていて、
ほんとに可愛くてたまらない珊瑚ちゃんの
大ファンだったので、
涙が出ます。
珊瑚ちゃんのご冥福を心よりお祈りしております。

暗い暗い心の飼い主であります。

フレンチブルドッグひろば

PR

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

カウンター

ブログパーツUL5

楽天

誕生日


*script by KT*

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM